内容を確認する

昔と今では賃貸の仕組みが異なる

昔の賃貸借契約では、その地域に利用されている慣例がそのまま契約に反映されていることがありました。 賃貸借契約に伴う礼金はその典型的な例だと言えます。 そもそも、賃貸人に対する礼金の支払い義務は法律的な義務ではありません。 そのような義務は法律的には存在しないため、実際には支払わなくても何の問題も無いお金なのです。 しかし、現代においても礼金が支払われることは半ば当たり前のようになっておりそれに疑問を感じる人は少ないと言えます。 近年は、こうした慣例によって出来た余計な金銭の支払いを無くそうとする動きが加速しています。 特に、賃貸人だけではなく行政からそのような指導が入ることが多いため改善されてきているのです。

預かり金以外は事前に支払うお金はない

賃貸借契約では、契約をするときには賃料の数か月分と敷金と礼金が支払われることが普通です。 賃料は部屋を借りるための対価として当然支払わなくてはいけないものですが、礼金に関してはその限りではありません。 法律上で支払わなくてはいけないのは、預かり金である敷金だけなのです。 この敷金に関しても、賃貸借契約が満了したときには特別な決まりがない限りきちんと返還しなくてはいけないようになっています。 礼金は、敷金と異なって返還されるお金ではなく賃貸人に対する部屋の使用に関する謝礼に過ぎません。 こうした謝礼を支払う意味は昔にはあったのですが、現代ではその意味は薄れていると言えます。 そのため、礼金を支払わなくても良いとする賃貸人が増えているのです。