賃貸のメリット

賃貸住宅の最近のトレンド

賃貸住宅も時代によって様変わりをします。それぞれ時代に合ったぴったりの方法がトレンドとなるわけですが、そのトレンドとはどんなものでしょうか。 外国ではすでに市民権を得ている国もありますが、ルームシェアという方法があります。このルームシェアは複数の人が住むことで(2人ぐらい)家賃やそこにかかる共益費や敷金、礼金などが半分で済むという非常に優れた方法です。 なぜ今まで日本でこの方法が流行らなかったかということですが、単に他人とシェアする習慣がなかったと言うのが一番の理由かもしれません。また、エコロジーな観点からもすでに他人と分かち合うと言う考え方が浸透しつつあり、それが賃貸と融合してルームシェアができたのです。ただし、建物によってはシェアできないところもありますので、注意が必要です。

不動産屋の役割を知っておこう

賃貸住宅を借りる時にどのような手順を踏むかは多くの人が知っている通りです。まず不動産屋に行って物件を確かめます。あるいはインターネットや雑誌の情報を頼りに、良い物件があれば不動産屋へ行って物件を実際にこの目で見ます。不動産屋は賃貸物件を見たいと言えば笑顔で車を用意してくれて、しかもさっきまで物件の紹介をしていた人が運転手まで務めてくれます。タクシーで行けばいったいいくらするでしょうか。 しかも物件が気に入らなくて結局借りなくても後からお金を採ることはしません。 なぜ不動産屋がそんなただ働きのようなことができるかと言えば、仲介手数料をもらっているからです。賃貸契約が成立したときに、30万円前後の仲介手数料を払いますが、あれが不動産屋の儲けになっているのです。